リサイクルトナーとは

コピーにかかる費用はできるだけ抑えたいもの。
コピー機を使うために必要なトナーもコストを抑えて購入できればうれしいのではないでしょうか。
そのような方に喜ばれているのが「リサイクルトナー」です。

リサイクルトナーとは、純正品を洗浄・修理・再生してできたトナーカートリッジのこと。
価格を純正品と比較すると約90%以上抑えることができます。
大きなメリットの反面、純正品を再利用しているために初期不良が出やすいデメリットもあります。
その割合は純正品が2%であることに対しリサイクルトナーは約3%。
たった1%の違いだけを見ると、リサイクル品を購入した方がコスト面でのメリットは大きいと言えます。

そして、純正品はメーカーごとにわかれているため価格競争はなくなかなか価格は下がりません。
しかしリサイクルトナーは競合会社が多数あるため、価格競争が起こるので激安リサイクルトナーが登場するようになります。
購入する側としては少しでも安いものを購入したいので、より安いところで購入しようとします。
ですが、初期不良の発生率の心配から、保証がきちんとされているお店を選びたいと考える方もいます。
また商品が個包装されているものが良い方などもあるでしょう。
ご自身が納得できる状態で販売されているリサイクル品の中で一番安いものを購入するのが上手なコストカットになるのでは。

当サイトではリサイクルトナーについての説明や上手な使い方など、初めて使う方にもわかりやすく解説しています。
リサイクル品選びの参考にして頂ければ幸いです。